タンザニア/タランギレ国立公園~アフリカゾウの大好物はバオバブ!~

▼Mamo|旅×動物 が応援中のクラウドファンディング▼


タランギレ国立公園で見たアフリカゾウ


【名称】タランギレ国立公園(Tarangire National Park)

【おすすめ度】★★★★☆4

【見れた動物】アフリカゾウ、キリン、シマウマ、ヌーなど。

【ポイント】アフリカゾウの餌となるバオバブやアカシアが豊富に生えている国立公園。草原や丘陵地帯など多種多様な景観があるためサファリ中飽きることがない。

【料金】680$≒71,400円※セレンゲティ国立公園、ンゴロンゴロ保全地域を含む3泊4日ツアー料金(ガイド、食事、キャンプ、車、入場料など込)

【アクセス】 首都ダルエスサラーム(Dar es Salaam)からサファリ拠点の街アルーシャ(Arusha)まではバスにて約10時間。

【公式サイト】https://www.tarangirenationalparks.com

※2014年8月


タンザニア。

東アフリカに所属するこの国でサファリをし、たくさんの動物を見ることが僕の幼少時代からの夢でした。

その夢を叶えた場所がタランギレ国立公園です。

タランギレ国立公園とは


元々クロサイの保護のために認定された国立公園でしたが、今は生存していないそうです。

しかし、現在はアフリカゾウが数多く生息していることで多くの人を魅了している国立公園です!

ゾウの餌となるバオバブやアカシアの木が豊富に生えているため、地球上最大の動物がこの国立公園に集まります。

また、草原地帯だけではなく、丘陵地帯や森林など、変化に富んだ景観をサファリ中に楽しめることも、タランギレ国立公園の大きな特徴の一つ。

世界遺産のセレンゲティ国立公園ンゴロンゴロ保全地域と併せて行く観光客が多いですが、アルーシャの街からも比較的近いため、日帰りツアーも可能です。

タンザニアのサファリの起点となる街アルーシャ


タンザニア北東部、ケニアとの国境にあるアルーシャ。

ここがサファリの玄関口となる街です。

そのため欧米人やアジア人の観光客が多く、非常に活気があり観光客向けのお洒落なカフェも軒を連ねていました。

アルーシャの街には数多くのツアー会社が点在しており、直接相談・交渉・予約することで日帰りから長期まで希望に沿ったサファリツアーに参加することができます。

首都ダルエスサラームのウブンゴバスターミナルからアルーシャまではバスで約10時間。

夜行バスが禁止されている国なので朝早く出発し、夕方前に到着するのをおすすめします。

タンザニアでのサファリツアー申込方法

日本にも大手旅行会社や地域に特化した会社が多数あり、タンザニアへのサファリツアーを作っていまが、2014年当時、大学生だった僕にとっては非常にお高い金額でした。

もちろん安全面や快適な宿泊、現地での緊急対応を含んだ金額ですので、それらを考慮すると妥当な金額かと思います。

金銭面以外にも悩む点がありどうしようかと迷っていたところ、アルーシャの街に赴き、直接ツアー会社に相談・交渉することが、一番安くサファリツアーに参加できる方法であるという話を聞きました。

世界三大凶悪都市といわれることもあるダルエスサラームからドキドキしながらバスに乗りアルーシャに到着。

宿泊したゲストハウスや街中のガイドにいくつかツアー会社を紹介してもらい決めました。

タンザニアのサファリツアー料金
テント宿泊、食事、ガイド、コック、車、各国立公園の入場料=680$

このサファリ代金+前後の宿泊や食事代+日本往復の航空券代+雑費(お菓子など)合わせても、日本発着のツアーの半額以下の金額になります!

タンザニアのサファリツアー内容
タランギレ国立公園→セレンゲティ国立公園→ンゴロンゴロ保全地域を巡る3泊4日(キャンプサイト宿泊)混載サファリ

宿泊はキャンプサイトにてテント泊(冷水シャワー)、混載サファリ、ガイドは英語という内容です。

混載サファリというのは色んな所から来た人が相乗りする形で、僕の場合はスペイン人男性と台湾人女性、日本人の女性二人と一緒でした。

日本人と一緒で心強かったし、彼女らは大学でスワヒリ語を学んでいたのでサファリが一層楽しいものになりました!

また混載サファリであれば毎日各ツアー会社からツアーが出ているため、到着した次の日からでも行くことができるというメリットもあります!

あとは追加料金を払えば良いコテージ泊まったり、日本語が話せるガイド付けたり、割と融通を利かせることができます。

出発の朝、TOYATAのランドクルーザーを改良した車がゲストハウスへ迎えに来ました。

タンザニアのサファリカー
タンザニアのサファリカー

車の上部は改造されており、そこに乗り出して動物を見ることができる仕様になっています。


※2022年2月追記

当時のガイドが独立してツアー会社iTravel Safari & Expeditionsを立ち上げていました!

本当に素敵な方でしたのでタンザニアでサファリを考えている方、ぜひ問い合わせしてみてください。

【公式サイト】https://www.itravelsafari.com/

【Instagram】https://www.instagram.com/itravelsafari/

いざタンザニアのサバンナへ

朝7時頃にアルーシャを出発し、トイレ休憩を挟みつつ、約2時間。

タランギレ国立公園に到着!

タランギレ国立公園の景観
ゾウの餌となるバオバブが豊富なタランギレ国立公園

到着して早速のゾウ!

タランギレ国立公園のゾウ
車のすぐ近くを通るアフリカゾウ

そしてゾウ!

タランギレ国立公園のアフリカゾウ
陸上最大の動物の群れ

本当にアフリカゾウの多い国立公園でした。

サファリカーの上部を開けるとこんな感じになります。

タンザニアのサファリカー
ゾウを見下ろせます

他にもキリン、シマウマなど見ることができましたが、肉食動物は見つけられませんでした。

タランギレ国立公園のキリン
アミメキリン

周りに障害物がないため、そして景色が壮大なあまり、動物園で見る姿よりも小さく感じましたが、生き生きとしていました!

まとめ

タランギレ国立公園のサファリは半日ほどで終了し、セレンゲティ国立公園方面へ向かいました。

アルーシャの街からは近く、日帰りサファリもできるのがタランギレ国立公園です。

キリマンジャロトレッキングメインでサクッとサファリに行きたい人やゾウが好きな人、景色が特徴的なので普通のサファリの風景に飽きてしまった人には良いかも知れません!

おすすめはセレンゲティ国立公園、ンゴロンゴロ保全地域含む3泊4日以上のサファリツアーです。

タンザニア/セレンゲティ国立公園~世界遺産のサファリの聖地~

タンザニア、ンゴロンゴロのシマウマ

タンザニア/ンゴロンゴロ保全地域~世界遺産のクレーターでのサファリ~

ケニアとタンザニアのサファリの違いを徹底検証~初心者におすすめの国立公園はどっち?~