シンガポール/シンガポール動物園~開かれた展示と世界一秀逸な看板~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★★5
【見れた動物】オランウータン、キリン、チーター、ヒヒなど。
【ポイント】オープン・ズーと呼ばれる展示方式を導入した世界ランキング常連の動物園。独自的で秀逸な看板も特徴。
【料金】39S$≒3,220円
【アクセス】MRTのChoa Chu Kang駅より927番バス、Ang Mo Kio駅より138番バス等アクセス方法多数あり。
※2019年4月


世界一周にて通算3度目のシンガポールに上陸!

マリーナベイサンズやマーライオン、USS等多くの観光客を魅了するこの国にふさわしい、

世界ランキング常連の動物園を訪ねました!

◆シンガポール動物園とは

ドキドキ・ワクワク

シンガポール北部に存在し、年間観光客数200万人を誇る動物園です。

その特徴はオープン・ズー(開かれた展示)という展示方法!

動物達の飼育場を檻や柵で区切るのではなく、堀や川、植物で囲むことで自然に近い環境を創り出しています。

中には放し飼いされている動物もいます!

また個人的に思う特徴ですが、看板の内容が充実してます。

詳しくは後述しますが、他のどの動物園より一番わかりやすく、興味深い情報が書かれています。

観光大国の動物園ということで、オランウータンと一緒に朝食をとれるレストランがあったり、

アニマルショーがあったりと、エンタメ部分も抜かりないです。

◆シンガポール動物園へのアクセスと料金


市内から動物園までのアクセスは大きく分けて4つあります。

①タクシーで直行

→シンガポールはタクシーがとても安いため人数がいればこちらをおすすめ。

②MRT+バス

→滞在時間を気にしたくない人&少しでも安く移動したい人におすすめ。

③市内からの直行バス

→②よりは少し高いが楽。

④チケットと往復送迎が付いたツアーに参加

→アクセスの詳細はこちら(シンガポール動物園公式HPを見る)



いずれにせよ所要時間は40分~1時間程です。

入園料金は通常価格39S$。

ただし、隣接する施設との共通券オンラインで購入すると安かったり、ツアー会社の往復送迎付きのプランが格安だったり、

タイムセールで安くなっていたりと、ありとあらゆる購入方法があります。

一度現地を訪れる前に「シンガポール動物園 チケット」と検索をかけてみることを強くおすすめします。

日本語の販売サイトも多数存在します!

→料金の詳細はこちら(シンガポール動物園公式HPを見る)

◆シンガポール動物園内の様子

上野動物園の約2倍の大きさを誇るため、周るだけでも一苦労です。

有料トラムも走ってますので、上手に利用しましょう!

オープン・ズーというだけあって、園内はとても緑豊か!

のんびり
孤独なシマウマ

各動物の飼育場も広く取られており、閉塞感はなさそうでした。

歩き回れる広さも十分

ナマケモノやオオハシ等熱帯雨林に生息する動物に関しては、

ジャングルの再現度が非常に高く、探し出すのがとても難しかったです。

ガイドさんの力を借りました

◆独自性溢れる魅力的な看板

僕の個人的な意見ですが、世界で一番看板が充実している動物園でもあります!

名前や生息地などはもちろん、補足説明や他の種類との違いが詳しく書かれています。

ヒヒの違い

デザインもかなりこだわっておるため、とても見やすい!!!

ワニの違い

日本語表記ではないものの、短文で書かれているため理解しやすかったです!

また某ネズミ王国のように、展示場に関係のある企業名も掲載されております。

SAEXはバス会社

推測ですが広告協賛のような形かと思います。

動物園維持のために民間企業とWin-WINの関係を構築する方法は、日本の動物園でも取り入れるべきではないでしょうか。

◆まとめ

年間6,000万人以上が訪れる観光大国であるシンガポールに存在する、シンガポール動物園。

観光地としてのエンタメ性を持ちつつも、動物の環境を配慮し、独自性溢れる看板を掲げ、

世界の動物園をけん引し、成長し続ける素敵な動物園です。

次回以降の記事では、隣接するナイトサファリ&リバーサファリについて紹介します!

◇シンガポール動物園&リバーサファリについてはこちら↓

シンガポール/リバーサファリ~世界の大河を探検しよう!~

スポンサーリンク