ウガンダ/エンテベ動物園~野生動物保護と教育へ尽力~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★☆4
【見れた動物】カンムリツル、ウガンダコーブ、ライオンなど。
【ポイント】保護&教育に重きを置いている動物園。飼育員体験ができる!
【料金】56,000US≒1,649円
【アクセス】カンパラのオールドタクシープールよりエンテベ行きのタクシーに乗り50分。Imperial Shopping Mall近くで下車し、そこから徒歩10分。
※2019年7月


東アフリカの内陸国ウガンダ。

アフリカ最大の湖であるビクトリア湖に面したこの国では、動物観察が国の重要な観光資源となっています。

ハシビロコウやカバが生息しており、ボートサファリでお馴染みのクイーンエリザベス国立公園、

チンパンジーが暮らすキバレ国立公園。

そして、マウンテンゴリラが生息するブウィンディ原生国立公園

チンパンジーとゴリラ目当てでやってきた僕は、ナイロビからの夜行バスにて首都カンパラに到着しました!

メインイベントの前に、まずはアフリカの動物園に行ってきました。

◆エンテベ動物園とは

保護と教育に尽力

エンテベ動物園と呼ばれていますが、正式名称は「Uganda Wildlife Conservation Education Centre」

その名の通り野生動物保護と教育に力を入れている動物園です!

1952年、密猟によって怪我した動物や孤児になった動物の保護施設としてオープンしました。

50種類程と展示されている動物は少ないながら、訪れる人の半数以上が学生団体だそうです。

また飼育員体験もできる珍しい施設でもあります。

◆エンテベ動物園へのアクセスと料金


空港がある都市エンテベの近くにあるため、まずはカンパラのオールドタクシープールからタクシーに乗ります。

出るのに渋滞します

カンパラ行きへはかなりのタクシーが頻発しています。

アフリカあるある、満席以上の乗客を詰め込んだタクシーに乗り1時間。

動物園近くのImperial Shopping Mallで降ろしてもらい、10分程歩けば到着です!

料金は56,000US≒1,649円。

物価と比較するとかなり高額ですが、おそらく外国人価格です。

保護や教育活動に充てられていると考えると妥当かなと思います。

◆エンテベ動物園内の様子

入ってすぐの所に剥製や骨を展示しているブースがあります。

展示品のわりに狭かった

密猟や孤児問題など、学生団体への教育はおそらくここから始まるのでしょう。

ビクトリア湖に面する園内はとても穏やかな時間が流れていました。

平日なだけあって幼稚園生~高校生くらいまでの学生団体が多く見受けられました。

赤土の地面も味わい深い

国旗にも描かれているカンムリツルやウガンダコーブとも呼ばれるレイヨウ類など、

ウガンダ国内に生息する動物が数多く展示されていました。

全顔を上げてくれないカンムリヅル
いい写真撮れなかったので看板を

◆飼育員体験とは

ここの動物園では飼育員体験も可能です!

動物問題を学びながら動物の世話をする貴重な体験です。

友人が実際に参加していました!↓

この投稿をInstagramで見る

ウガンダ・エンテベ🇺🇬   ウガンダ・ワイルドライフ・コンサベーション・エデュケーションセンター(UWEC)🦁  1日飼育員体験してきました($150)  ライオンの部屋を掃除したり、動物達の展示エリアに入り餌を与えたり  可愛い動物達と触れ合え、動物園の裏側を知れてとても楽しかったです。  とても楽しかったです☆    #世界一周 #世界一周旅行 #世界一周の旅 #バックパッカー #1人旅 #ひとり旅 #一人旅 #海外旅行 #旅 #旅人 #ウガンダ #エンテベ #エンテベ動物園 #uweczoo #uwec #ugandawildlifeeducationcentre

おに(@oni_zawa469)がシェアした投稿 –

◆まとめ

国外の動物は展示されておらず、国内の動物保護及び教育に尽力を注ぐ施設です。

横浜の動物園とも提携した活動もしています。

現地の物価を考えると、実際に国立公園でサファリを体験できるウガンダ人はごく少数かと思われます。

そんな中でも自国の子供達に対して動物への興味関心を持ってもらい、

人との共存や問題を考えてもらおうという素敵な想いが溢れた施設でした!

スポンサーリンク