(前編)インドネシア/グヌン・レウセル国立公園~森の番人オランウータン~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★★5
【見れた動物】オランウータン、トーマス・リーフモンキー、イグアナなど。
【ポイント】世界遺産のジャングルをトレッキングし、オランウータンに会いに行く!帰路は川をタイヤボートでラフティング
【料金】1,575,000Rp.≒12,285円※グヌンレウセル国立公園1泊2日ツアー料金(ガイド、食事、キャンプ、ラフティング代、入場料など込)
【アクセス】メダン空港より空港バスにてピナンバスターミナルへ(約1時間)、ミニバスに乗り換え3時間。
※2019年4月


オランウータン

インドネシア語でorangは人間、hutanは森という意味のため、

「森の番人」とも呼ばれます。

どうしてもオラウータンと言ってしまいますがンが入りますよ!!!

アジアの熱帯雨林にのみ住む大型類人猿で、日本の動物園にもいる有名な動物ですね。

近年の森林伐採や都市開発、密猟によって数が少なくなり、絶滅の危機に瀕しています。

ここ100年間で80%も減少したとも言われてます。

◆オランウータンに会いにインドネシアへ

やってきたのはスマトラ島。

オランウータンというとボルネオ島のイメージが強いと思いますが、実はスマトラ島にもいるのです。

違う種類として認められており、ボルネオオランウータンよりも体毛が長いかつ褐色が強く、スリムな体型。

そして、数はより少ないそうです。

そんな貴重なオランウータンに会いに向かったのが世界遺産グヌン・レウセル国立公園です!

こちらも中々旅人が行かない場所なので、詳しく紹介していきます。

◆グヌン・レウセル国立公園へのアクセス

マニラに滞在していたので、クアラルンプール乗り継ぎにてメダン空港に到着。

空港がとても綺麗で旅行客用のデスクもありました。

ブキッラワンという村がグヌン・レウセル国立公園ツアーの拠点です。

デスクでもツアーを斡旋していましたが、結構高かったです。

ブキッラワンに向けてまずは空港バスにてピナンバスターミナルへ向かいます。

色んな方のブログにありますが、メダンの治安はかなり悪いそうです。

僕はびびって1泊もせずに通り過ぎました。

ピナンバスターミナルに到着し、ミニバスに乗り換えブキッラワンへ。

バスの上に荷物を載せました

事前にブキッラワンまでの料金のメモをデスクで貰いましたが、まぁその通りには行きませんよね。

バスはボロボロだし、ガタガタくねくね山道をとんでもないスピードで進むし、

バスの中でたばこ吸ってるし笑(世界でインドネシアだけだと思う)

でも大自然に囲まれ気持ちのよいドライブでした!

ひたすらバナナ・パームツリーの景色が続きます

3時間ほどで到着となりますが、バスは村の手前1kmまでしか行かないそうです。

そこからは徒歩もしくは○○っていう(名前忘れた)サイドカー付きの自転車またはバイクにて村の中心へ向かいます。

◆ブキッラワンに到着

国立公園の中にある村で、中心に大きな川が流れています。

また行きたい村

その両サイドにお高いホテルから1泊500円程度のゲストハウス、様々なレストランがたくさん並んでおり、

予算にそって宿泊先、レストランを選ぶことができます(イスラム教国家ですがビールもあります)

アジア人の姿は皆無でしたが、多くの欧米人がいました。

数年前には地震によって川が氾濫し数百人の方を失った悲しい出来事がありました、、、

ですが、のどかな暮らしと人々の暖かさが広がっており、また行きたい村の一つです。

1週間程滞在したのですが、宿の主人とその友達やガイドとおしゃべりしたり、

河原でのんびりしたりと、とても贅沢な時間を過ごせました。

◆オランウータントレッキングの予約と料金

僕は村の手前で途中下車し、バスの中で仲良くなった人の家でご飯を頂きました!

何かわからんけど悪くなかった

この人の兄貴がツアーガイドということで話を聞きます。

グヌン・レウセル国立公園1泊2日ツアー

ガイド、食事、キャンプ、ラフティング代、入場料など込=1,575,000Rp.

情報も少なく相場も曖昧だったけど、悪くない金額だと思ったのでそのまま申し込みました。


が、この方法はおすすめしません笑

基本的には

宿に到着→ホテルが紹介してくれるガイドまたはツアー会社に頼む→ライセンスもしっかり確認する

というのが正しい申し込み方法です。

街中には彼の兄貴同様どこの所属か曖昧なフリーガイドがうろうろしてます。

結果的に僕はツアーには行けましたが最後の最後にお釣り(2,000円ほど)を持ち逃げられました、、、

ツアー自体も本来は僕1名に対し兄貴1名のツアーだったのですが、

当日に行けなくなったからと言って他のツアーに混ぜられました。

結果的にはツアー自体は問題なし、

むしろガイドも参加者もめちゃめちゃ良い人達で最高に楽しかったし、

他の方にさりげなく聞いたらツアー代金もほぼ同じだったので特に問題はありませんでした。

が、一歩間違えればお金持ち逃げ&ツアーに行けずという最悪な事になっていました。

反省してます。

あと、これは僕が悪いのですが、、、

インドネシアの通貨ルピアは桁がとても多いので計算ミスに注意!

僕もミニバスに乗る際あやうく0一つ多く渡しそうになりました、、、


◇後編はこちら↓

(後編)インドネシア/グヌン・レウセル国立公園~オランウータンに出会う~

スポンサーリンク