シンガポール/ナイトサファリ~夜の動物を観察できる世界初の動物園~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★★5
【見れた動物】アジアゾウ、インドライオン、マレーバクなど。
【ポイント】夜行性の動物や昼間とは違う動物の生態を観察することができる夜のみ営業する動物園
【料金】51S$≒4,210円
【アクセス】MRTのChoa Chu Kang駅より927番バス、Ang Mo Kio駅より138番バス等アクセス方法多数あり。
※2019年12月


※写真が少なめ&画質が悪い記事になります。

シンガポールの夜の過ごし方にはたくさんの種類があります。

夜景を見たり、ルーフトップバーで飲んだり、カジノに行ったり。

そういったものも良いですが、夜の動物の姿を観察しませんか?

シンガポール動物園、リバーサファリに続き、ご紹介するのは、夜のみ営業するナイトサファリです!!


◇シンガポール動物園&リバーサファリについてはこちら↓

シンガポール/シンガポール動物園~開かれた展示と世界一秀逸な看板~

シンガポール/リバーサファリ~世界の大河を探検しよう!~

◆ナイトサファリとは

お洒落なゲート

シンガポール動物園&リバーサファリに隣接するナイトサファリは、世界で唯一の夜間営業のみの動物園です。

近年は日本国内においても動物園やサファリパークの夜間開園をしているところもありますが、

ナイトサファリの歴史は古く、開園は1994年、もちろん世界初の夜専門の動物園です。

開園時より、夜行性の動物や昼間とは違う動物の姿を観察できる施設として世界中の観光客を魅了しています。

◆ナイトサファリ園内の様子

入口すぐがトラム乗り場

園内はトラムエリアとウォーキングエリアに分かれています。

入口すぐのところにトラム乗り場があります。

トラムには英語ガイドのものと日本語ガイドのものがあります。

英語トラムは入場料に含まれていますが、日本語トラムはプラス料金がかかります(10S$)

また英語トラムは頻発していますが、日本語トラムは出発時間が決まっています。

動物関係の専門用語も飛び交うため、英語力+予備知識がないのであれば日本語トラムのほうが良いのかなと思います。

30人収容のトラムに乗り出発!!!

夜の森林

牙が立派なインドゾウがいたり、

メスのインドライオン

インド南西部に住むインドライオンの姿もありました。

日中は寝ころんでいることが多いライオンですが、夜は活発に動き回っていました。

シンガポール動物園同様に、自然豊かな展示方法(オープン・ズー)を取り入れていますし、

動物に配慮し、光も最小限に抑えられているため、観察しにくいという難点?もありますが、

それもまた粋な雰囲気を醸し出しています。

お休み中のキリン

夜ならではの姿?かなと思いますが、キリンが座っているのも見ることができました!

これから睡眠に入るのでしょうか?

(キリンの睡眠時間は20分程度と言われていますので、寝ているかどうかは定かではないです)

また、写真には撮れませんでしたが、マレーバクが放し飼いになっており、トラムのすぐ傍で見る事ができました。

一周35分程度のトラムになります。

途中下車をしウォーキングエリアを散策することもできます。

フィッシングキャットトレイル、レオパードトレイル、イーストロッジトレイル、ワラビートレイルの4つのトレイルがあり、

トラムでは見れない動物を見ることができます。

お仕事で行ったのでウォーキングエリアには行けませんでした。再挑戦したい。)

◆まとめ

シンガポール動物園とリバーサファリを見学した後のクライマックスとなること間違いなしのナイトサファリ。

リバーサファリ同様に、トラムのタイミングと動物のタイミングが合わなかったり、

暗いエリアに動物がいる時はかなり観察しにくいですが、

昼間とは全く違った活動を見ることができます。

また動物がたくさん登場するナイトショーやファイヤーダンスショーもかなり見ごたえがあるそうです。

次回シンガポール行った際は僕もリベンジしようと思います。

市内にて夜景やお酒を楽しむのも良いですが、世界初&ここだけのナイトサファリですので、

ぜひ訪れてみてください!!!

スポンサーリンク