(後編)ウガンダ/ムガヒンガ・ゴリラ国立公園~堂々たるマウンテンゴリラ~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★★5
【見れた動物】マウンテンゴリラ。
【ポイント】絶滅危惧種マウンテンゴリラに会うために森の中へ。高額な観光費用が保護活動に充てられ、近年個体数が増加している。
【料金】780$≒84,240円
【アクセス】キソロから公園入口まで貸し切りタクシーにて1時間。
※2019年8月


無事に許可証をGETした僕は、ムガヒンガ・ゴリラ国立公園の入り口となる街キソロへ向かいます。

◇ゴリラ・トレッキングの予約方法についてはこちら↓

(前編)ウガンダ/ムガヒンガ・ゴリラ国立公園~ゴリラトレッキングの予約方法~

◆キソロへのアクセス


ウガンダの南西部、10km先はコンゴ民主共和国が広がる場所にキソロの街があります。

チンパンジートレッキングのためにフォートポータルにいた僕は、

まずはここからカバレという街まで夜行バスで向かいました。

カバレは隣国ルワンダの首都キガリまでの王道ルートの途中でもあるため、

首都カンパラからの夜行バスもあります。

18:30に出発したバスは早朝4時頃にカバレへ到着。

明るくなるまで車内にいていいよと言われたので、7時ごろまではバス車内に待機。

キソロ到着まで余裕を持たせていたのでカバレにも1泊しました。

近くのブニョニ湖が気持ち良かったです。

翌朝にキソロへ向かう乗り合いタクシー乗り場にバイクタクシーで連れてってもらいました。

※場所のメモを失念してしまいましたが1,000UGXで行ける距離です。

数十分待ち、満席になったので出発。

気持ちの良い山道を2時間弱、ついにキソロに到着しました!

ムガヒンガ山

宿はこちらをAgoda経由で予約しました。


事前にメッセージしたところ、ムガヒンガ・ゴリラ国立公園への往復のタクシー(20$)も受け付けてくれました!

付近にはピグミー族に会える村もあるとのことで、カフェやホテルやお土産物屋も賑わいを見せてました。

ちなみにキソロからルワンダの首都キガリまでは、

国境までバイタクで15分→徒歩でルワンダ入国→バスにてムサンゼまで1時間→バスを乗り換えキガリまで2時間

というルートになります。

◆ゴリラ・トレッキングへ出発!

ムガヒンガ・ゴリラ国立公園でのトレッキングスケジュールはこのような感じです↓

The time of trekking starts at 8:00am
Finish at 14:00,pm
So you will need to ask the hotel to give you packed lunch box and bottled water , pack them in your back bag.

The distance from hotel is about 50minutes.
To the trek and is a hilly area, you need hiking 🥾 shoes.

Plus rain jacket or sweater and cap 🧢 or safari sun hut.

Remember to have insect repellent for Bush trek,

And lastly: you will need long clothes like : tourists trouser and long sleeve shirt.

Thank you for understand
Best regards

念のためにホテル発を6:30に設定しました。

時間通りにお迎えが来て一安心。

ガタガタ道を1時間弱上り、ガイドとのミーティングポイントに到着。

まずはトレッキングの説明&注意事項を受けます。

読み合わせを行いました

その後、他の参加者9名と僕、銃を持ったレンジャー2名と山の中へ向かいます。

◆堂々たるマウンテンゴリラ

他のレンジャーが先に入りゴリラの群れを追っかけているそうで、無線で連絡をとりながら群れのいる場所へ向かいます。

1時間程歩き、ついにその時が、、、

地面にいると思ってたところ、木の上にいました!

メスゴリラ


その後、ボス(最年長のオス)である、シルバーバックや

哀愁漂う白い背中


メスゴリラ、若いゴリラ、子どもを含んだ10頭程の群れに会うことができました!

ファミリー!


好奇心旺盛なチビゴリラは元気に走り回ってます。

キュンッ
パパと遊べて良かったね

シルバーバックが先導し、群れが動き出した時を同じくして、観察終了時間を迎えました。

その後ミーティングポイントに戻り、証明書をもらい、トレッキングは幕を閉じました。

勲章

◆まとめ

ガラス越しではなく目と鼻の先にマウンテンゴリラがいた時間。

堂々たる姿に強さを感じましたが、恐怖はあまり感じませんでした。

のんびりと草木を食べている姿、子どもたちとじゃれ合っている姿、

お昼寝している姿を目の前にすると、なぜか安堵感が生まれ、清々しい気持ちになりました。

マウンテンゴリラがずっとこの森で穏やかな暮らしを送れることを、心より願います。

スポンサーリンク