モロッコ/ラバト動物園~絶滅したアトラスライオンを繁殖させた動物園~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★★5
【見れた動物】アトラスライオンなど。
【ポイント】世界で唯一、野生下では絶滅したアトラスライオンが展示されている動物園。園内も綺麗。
【料金】50DH≒563円
【アクセス】ラバト市内よりタクシーにて15分。
※2019年7月


日本人の旅行先として有名なアフリカの国といえばモロッコもしくはエジプトかと思います。

特にモロッコは青の街シャウエンを始め、カサブランカやマラケシュなど、夫婦旅や女子旅でも人気ですね。

ですが、特別目立った観光地もない首都ラバトに訪れる人はかなり少ないかと、、、

ですがそんなところでもぜひ訪れてほしい動物園があります!

それがラバト動物園!

Jardin Zoologique de Rabat


◇サハラ砂漠でのキャメルツアーについてはこちら↓

モロッコ/メルズーガ~ラクダとサハラ砂漠と星空と~

◆ラバト動物園にはアトラスライオンがいる!

この動物園の特徴は、野生化では絶滅したアトラスライオンが展示されていること。

普通のライオンよりたてがみが多く、黒い
アクリル越し&遠いから良い写真がなかなか撮れない
生息地にマークがない

野生化では絶滅したってどういうこと?と思いますよね。

その答えは歴史を遡る必要があります。

現在ライオンはアフリカの広い地域に住むアフリカライオンとインド西部のインドライオンのみとなりますが、

かつてはもう1種類のライオンがいました。

そのライオンこそがアトラスライオン(別名バーバリーライオン)

北アフリカのアトラス山脈付近の森林に生息していたライオンで、体長は4mにもなり、

たてがみは黒く胴まで達するほどでした。

ネコ科のなかでも最大の大きさであったといわれています。(現在はアムールトラ)

剣闘士×ライオンといった古代ヨーロッパの決闘や由緒正しい家柄の紋章に描かれているのはアトラスライオンです。

また、映画ライオンキングの悪役であるスカーのモデルでもあるとのこと、、、

そんなアトラスライオンですがヨーロッパからの入植者により1900年代前半に絶滅が確認されました。

しかし、時は過ぎ21世紀。


ムハンマド5世「俺のプライベート動物園に32頭いるぜ!」


世界「!!!」


ツッコミどころ満載の発言により、約100年ぶりに存在が確認されました。

王への忠誠心の証として贈られた献上品だったようです。

その献上品をプライベートで飼育していた道楽者のおかげで、野生化では絶滅したライオンという異名が付きました。

そして2012年にラバト動物園が開園し、繁殖にも成功し現在まで見ることができます。

まるで神の使いのホワイトライオンも

こういった特殊な動物に出会えることが世界の動物園の魅力の一つです!

◆ラバト動物園の様子

動物達の住む敷地が広々しており、気持ちいい環境で動物達は過ごせている印象でした。

アジアゾウとアフリカゾウが同じ敷地に
違いがわかりますか?

清掃も行き届いており、綺麗な環境でもあります。

料金もそんなに高くないので、訪れる人のほとんどは地元の方でした。

英語を話せるスタッフはいないようでしたが身振り手振りでなんとかなります!

僕は大きなバックパックを背負った状態だったのですが、事務所内に手招きされてわざわざ置かせてくれました!

レストランやお土産店(閉まってました)もしっかりありました。

◆ラバト動物園へのアクセスと料金

女子旅、バックパッカーでもトップクラスの人気を誇る国ですが、この動物園を訪れた人はほぼいないはず!

少なくても僕の知っている中にはいません。

それほど知られていない穴場ですし貴重な経験度はかなり高いかと!

周りに自慢できますよ!!!

首都だけあってフェスやマラケシュ、カサブランカからもアクセスしやすい距離にあるため、

道中に組み込むことは可能です。

僕は青の街シャウエンからフェスに向かう予定をシャウエン→ラバト→フェスに変えました(乗り換えなしで行くことができます)

料金は50DH≒563円と日本の公営動物園とほぼ同じです。

モロッコの物価を考えると現地の方にとっては少し高いかも知れません。

◆まとめ

ラバト動物園が繁殖に成功させたため、現在アトラスライオンはドイツのノイビート動物園やチェコのドブール・クラーロベ動物園でも見ることができますが、

モロッコに訪れた際は、世界規模の成果を残し、珍しいアトラスライオンに会える、

綺麗な施設でもあるラバト動物園に行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク