マダガスカル/ミチンジョ公園~祖先の化身インドリが住む神聖な森~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★★5
【見れた動物】インドリ、トカゲ類、カエル類。
【ポイント】動物園では飼育不可のキツネザル類最大種インドリに会える。インドリコールという独特な鳴き声も圧巻!
【料金】35,000Ar≒1,021円(ガイド代込
)
【アクセス】アンタナナリボGare routière de l’estターミナルからMoramangaまでタクシーブルースで3時間、Andasibe行きバスに乗り換え1時間。
※2019年9月


インドリ(Indori Indori)

キツネザル類最大種であり現地ではその神聖な姿から、

「祖先の化身」「死者の魂が宿る不死身で神聖な動物」

と呼ばれ伝統的に守られているレミュールです。

聞き馴染みの無い名前かと思いますが、それもそのはず、

マダガスカル西部の限られた場所にのみ生息しており、

飼育が難しく成功した事例がないため世界中のどこの動物園にもいません。

つまりこの場所でしか見られない動物です。

僕の旅史上一番希少といっても過言ではない動物です!

ナイトツアーの次の日にツアーに参加しました。


◇ナイトツアーの様子はこちら↓

マダガスカル/ミチンジョ公園~ヒメカメレオンを探しに夜の森へ

◆早朝のミチンジョ公園

朝7:30に再びガイドの彼と公園前で合流。

朝から夕方まで公園は空いており、ガイドが待機してるので予約不要で入ることができますが、

早朝にはインドリコールと呼ばれる独特な鳴き声を発するのでこの時間に出発しました。

ナイトツアー同様、彼は色々と説明してくれます。

夜は真っ暗で何もわかりませんでしたが、独特な雰囲気がある公園です(マイナスイオン?スピリチュアル的に?)

道のようで道じゃない道を歩きます。

しばらく歩いていくと、他のガイドからインドリを発見したという連絡がガイドに入ります。

そこへ向かって見ると、、、

はじめましての出会い

高い木の上にインドリの姿が!!!

基本的には高い木の上で過ごし草や果実を食べますが、地表に降り土を食べることもあるそう、、、

またキツネザル類は長い尻尾でバランスをとり移動やジャンプする種ですが、

インドリは5cm程と短いのも特徴です。

◆インドリコール

ちょっと遠かったので他のインドリを探しに再び森を歩きます。

その道中でインドリコールが鳴り響きました!

今まで聞いたことのない音、、、

鳴き声だとは思えない独特な金切り声は圧巻でした。

求愛なのか仲間との意思疎通のためなのかよくわかっていませんが、ほぼ毎朝決まった時間に響き渡るそうです

そしてそして、インドリコールを終えたインドリがすぐ近くに寄ってきました!

こんなに近くで!

好奇心が旺盛なようで、ガイドから与えられた葉っぱも食べていました笑

もふもふな体、くりっくりの目

白と黒のコントラスト、モフモフの姿、、、

パンダにも引けをとらない愛くるしい動物です!

動物園にいたら人気者間違いなし


あまり近くにいるとストレスを与えてしまうので、早々に退散。

一応3時間のツアーですが、2時間ちょっとで終えました。

日中にもカメレオンやレミュールにもあうことはできますが、僕は残念ながら会えませんでした。

あまりにも情報が少ないためチップの相場はわかりませんでしたが、

ナイトツアー、インドリツアーととてもお世話になったため、ツアー代以上の金額をチップで渡しました。

遅刻もしない、常に気を使ってくれる、色々と見つけてくれる最高のガイドでした。

元気にしてるかなエリック、、、

◆インドリツアーの料金とプチ情報

ミチンジョ公園のインドリツアーは35,000Ar(ガイド代込)でした。

他の公園のツアーは45,000Ar +ガイド代だったのでミチンジョ公園が一番安いです。

見れる生き物はまったく変わらないそうです。

またアンタナナリボからのパッケージツアー客ばかりで、

僕のように個人でアンダシベに来たと思われる方はいませんでした、、、

個人で来る場合に役立つプチ情報を箇条書きでまとめました!

①安宿~ホテルまで宿泊施設はある程度揃っている

②食事は観光客用のレストランが数軒ある(少し高い)

③アンダシベ国立公園の入り口にはちょっとしたインドリ情報館あり(無料)

④お土産物屋も数軒あり

⑤ツアー代金はカード支払い不可。ATMは無い。

一番近いATMはモロマンガ内かと思われます。

現金を忘れずに!

⑥アンダシベの村に是非立ち寄って欲しい。素敵な街でした

村の入り口

商店や安い食堂もあります!

英語は全く通じませんが、、、

◆まとめ

カメレオンの楽園かつ祖先の化身インドリが住むミチンジョ公園。

アンタナナリボから日帰りでも行ける距離ではありますが、

是非とも1泊2日で訪れ、ナイトツアー&早朝のインドリツアーに参加してみてください!!!

スポンサーリンク