マダガスカル/ミチンジョ公園~ヒメカメレオンを探しに夜の森へ

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★★5
【見れた動物】ヒメカメレオン、夜行性原猿類など。
【ポイント】世界最小種のヒメカメレオン含む5種のカメレオン(固有種)を探すナイトツアー!夜行性の原猿類にも出会える。
【料金】20,000Ar≒584円
【アクセス】アンタナナリボGare routière de l’estターミナルからMoramangaまでタクシーブルースで3時間、Andasibe行きバスに乗り換え1時間。
※2019年9月


先に言わせてください!

いまから紹介するミチンジョ公園は

僕が世界で最もおすすめしたい動物スポットの一つです!

◆カメレオンとインドリの聖地

アンタナナリボから約4時間で到着するミチンジョ公園

2014年版の地球の歩き方には載っていたのですが、最新版には載っていない場所です。

現地民によって設立されたこの公園の特徴は


・原猿類最大種のインドリが生息している

◇インドリツアーについてはこちら↓

マダガスカル/ミチンジョ公園~祖先の化身インドリが住む神聖な森~

世界最小種のヒメカメレオン含む5種のカメレオン(固有種)が生息している!

後述してます。

・ガイドが素晴らしかった!!!

・料金が破格!!!

といった点です。

あんまりというか、ほぼ知られてない場所ですが最高の経験ができました!!

◆ミチンジョ公園へのアクセス

まずはGare routière de l’est(読み方がわかりません)からタクシーブルースに乗ります。

ゲストハウスから2km程だったので僕は徒歩で行きましたがタクシーも安いですよ!

そこからまずはモロマンガという街へ向かいます!

アフリカではかなーり珍しいのですが、マダガスカルは料金表がある場合がほとんどです。

余計な交渉&ぼったくりがないです!

長野県て言ってもばれないよね

約3時間程でモロマンガに到着。

同じターミナルにあるアンダシベ行きのバスに乗り換えます!

ここもバスの中に料金表がありました。

アンダシベの手前にホテルが集まっている場所があり、そこで下車。

ここから北のアンダシベに向かう約4kmの道中に3カ所インドリを見れる公園があります。

南からミチンジョ公園、アンダシベ国立公園、V.O.I.M.M.A(ガイド団体が管理してる地区?)です。

3カ所ともわかりやすい看板があります

ナイトツアーができるのはミチンジョ公園だけです!!!

しかも昼間のツアーも一番安い!

ちょうど公園の前でガイドに話しかけられ、若い青年で良い人そうだったのでそのまま彼にお願いしました(結果的にも最高のガイドでした)

18時に公園前でまた集合ーねと言われ一度解散しました。

◆カメレオンの楽園

18時ぴったりに公園前に再度到着。

お金を渡し、彼から懐中電灯を受け取り出発!!!

この公園にはヒメカメレオンを含む5種類のカメレオンが生息しています。

が、全部発見するのはとても難しいらしい、、、

ベストを尽くすよと言ってくれたそばから発見してくれました!!!

よく見つけるなと感心

生き物を見つけるのは得意な方と自負しておりますが、

彼には全く敵いませんでした、、、

次から次へとカメレオンを見つけてくれます。

角?が特徴的
立派な角?と尻尾

◆世界最小種のカメレオン「ヒメカメレオン」

そしてついに、、、

ヒメカメレオンを発見!!!

やっと会えたね

ちっちぇーーーーーーー!!!

親指の長さより小さい

全長は約5cm、分かりやすく言うと500円玉2枚並べたくらいです。

マダガスカル北部のノシ・ハラ島にて2012年に3cmのミクロヒメカメレオンが発見されてますので、これでもまだ大きい種です!!!

予想以上の小ささに驚きました。


ヒメカメレオンを見つけたので残すカメレオンはあと1種!!!

夜行性の原猿類やネズミ、カエル類にも遭遇しつつ(動き早すぎ&暗すぎで写真撮れませんでした)木の上を見上げると、、、

尻尾くるくるのザ・カメレオン

少し遠かったけど、ミチンジョ公園カメレオン達をコンプリートできました!!!

いや、本当にガイドの彼のおかげでしかありません、、、

道中は色々案内してくれる一方でしっかり周りを見てくれた彼、、、

難しいよと言ってたのにも関わらず、しっかり5種類コンプリートさせてくれた彼、、、

帰りは暗いからとわざわざ宿の前まで送ってくれた彼、、、

(その道中も最後までカメレオンを探してくれました)

もちろん次のインドリ探しのガイドもお願いしました!!!




翌朝、インドリを探しに再びミチンジョ公園へ向かいます!

スポンサーリンク