イスラエル/エルサレム聖書動物園~世界一素敵な動物園~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★★5
【見れた動物】ペッカリー、ライオン、クマ、フラミンゴなど。
【ポイント】聖書に登場する動物を中心に展示。ユダヤ教・イスラム教において不浄とされている豚に似たペッカリーが注目の的に。
【料金】59NIS≒1,770円
【アクセス】路線バスにて動物園前駅へ(Googleマップで経路検索できます)
※2019年6月


今回紹介する動物園は僕が一番印象に残った動物園です。

そしてぜひみんなに訪れてもらって何かを感じてほしい。

そんな動物園がイスラエルのエルサレムにありました。

◆エルサレムにある動物園の正体

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地として多くの巡礼者と観光客を迎える宗教都市エルサレム。

世界を旅する以上は最低限の知識は必要と思い、

ある程度勉強していったからこそ理解できた部分もあるし、逆に驚いた部分もあるし、、、

宗教と歴史を調べれば調べるほど、何が正しいか正しくないかとかわかんなくなりますよね。

頭の中がいろいろな考え・感情がごちゃごちゃになる滞在でしたが、

そんな宗教都市ならではの動物園があります。

その名もエルサレム聖書動物園。

そしてここでは日本人の大部分がスルーするであろう動物が、地元住民の注目の的になっています。

◆エルサレム聖書動物園へのアクセス

岩のドームや嘆きの壁がある中心地から外れた場所にあり、

園の南側にはすぐパレスチナ自治区が広がっています。

動物園前にバス停がありGoogleの経路検索も使えるので簡単に行くことが可能です。

高台から動物達を見下ろせる場所

園内は緑が溢れており、気持ちの良い時間を過ごせます。

正式名称はザ・ティスチ・ファミリー・ズーロジカル・ガーデンズですが、

地元の人が聖書動物園という呼称をつけたみたいです。

◆聖書に出てくる動物が数多く展示されているエルサレム動物園

なぜ聖書動物園という名がついたのか。

それは、

聖書に出てくる動物の展示をコンセプトにしているからです!

該当する動物の説明版に+αで聖書上の名前?が記されているプレートがついてます。

PANTHERA LEO PERSICA=ライオン
URSUS ARCTOS SYRIACUS=クマ

ライオンやクマが聖書に登場することは何となく想像できますが、中にはこんな動物にまで看板が付いてました。

PHOENICOPTERUS RUBER=フラミンゴ

どこのどんな場面でフラミンゴが登場するのか非常に気になったので今度調べてみます。

またショップには多くの動物、その下には聖書の何巻のページ数の一覧が書いてある巨大ポスターがありました。

dav

今まで聖書のイメージはキリスト教でのユダが裏切ったとか、

生き返ったとかしか知らなかったので、こんなに動物が出てくることにびっくり!

でも確かにノアの箱舟を考えると、相当数の動物がいてもおかしくないと納得しました。

◆豚に似たペッカリーが人気

ユダヤ教とイスラム教にとって豚は不浄の存在。

食べることはもちろん、見ることも禁じられています。

そんな背景があるからこそペッカリーが人気です。

ペッカリーとは南米にいる豚に似た動物です。

豚みたいだけど猪の仲間

ここで知ってほしいのは、

豚に似た動物であって、豚ではないということです。

そのためユダヤ教の方もイスラム教の方も見ても良いということになっているみたいで、

一目その姿を見たいという人がたくさん動物園を訪れているそうです。

信仰心を傷つけないよう細心の注意を払い、

「豚ではありません!」

の看板も掲示されています。

The peccary is not a pig!

◆まとめ

イスラエル人が経営し、パレスチナ人が働き、アラブ人も遊びに来る動物園。

ですが園内の雰囲気は殺伐としているわけではありません。

宗教の違いによって多くの問題を抱える人々が、良い友好関係を築けている稀な場所になっているそうです。

動物園内にいる時は、周りにはパレスチナ自治区や紛争地帯、

街中には各宗教の聖地があるとはとても思えないくらい素敵な時間が流れていました。

動物が狭い檻にいれられてかわいそうだから動物園反対って思う人の気持ちもわかるけど、

こういった特殊な影響を与えられる唯一の場所になりうることも知ってほしいなと思いました。

また、エルサレム動物園は繁殖活動にも盛んに取り組んでおります。

エルサレム動物園のような強いコンセプトを持ち、種の保存への実績も残し続ける物園が増えるといいなと思いました。

ナショナルジオグラフィックにも取り上げられています。

スポンサーリンク