(前編)ペルー/アマゾンツアー~陸の孤島イキトスに到着~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★★☆4
【見れた動物】ナマケモノ、アナコンダ、トゥカン、ピンクイルカなど。
【ポイント】手軽にアマゾン川の大きさ・生態系・暮らしを実感できる。熱帯雨林特有の動物に触れあえる。ブラジル・マナウスやコロンビア・レティシアよりも安価でツアーができる。
【料金】300S≒9,790円※2泊3日ツアー(送迎、ガイド、食事代など込)
【アクセス】イキトス空港より市内へはモトサイにて20分。
※2019年10月


アマゾンとは世界最大の熱帯雨林。

イキトスからの景色
奥の川がアマゾン川

その6割はブラジルですが、

コロンビア・ベネズエラ・エクアドル・ペルー・ボリビア・パラグアイの計7ヶ国にまたがっています。

面積はなんと日本の14倍!流域面積はもちろん世界一位です。

「地球の肺」とも呼ばれることもあります。

最近は火災も話題になっていますね。

今回はペルーのイキトスでのアマゾン川ツアーについて紹介します


◇後編(実際のツアーの様子)はこちら↓

(後編)ペルー/アマゾンツアー~イキトスのジャングルを探検!~

◇街中の様子についてはこちら↓

ペルー/イキトス~コンドルが生活に溶けコンドル!~

◇番外編はこちら↓

アマゾン川をハンモック船にて下ろう!~レティシアからマナウスへ1600kmの船旅~

◆イキトスへのアクセスと料金

イキトスはほぼ陸の孤島。

船や長距離バスの方法も無くはないですが、料金が安価かつ楽なLCCを利用しました。

空港からはモトサイ(アジアでいうトゥクトゥク)にて中心部へ向かいます。

どことなくアジアに似てる街並み
世界中から観光客が集まるため街の中心は小綺麗

ツアー客でなければ、確実にドライバーに「アマゾンツアーは決まっているのか?」と聞かれますので、

そのまま案内してもらうのが楽かと思います。

他の場所では少し危険な賭けになりますが、

イキトスにおいては地図上の公園の周りにツアー会社が集まっているため、

気にくわないツアー会社であれば断ってすぐ次を探せるためです。

3カ所ほどツアー会社を巡り、とある会社に決めました。

内容はイキトスの街からボートでアマゾン川に繰り出し約1時間、中洲にある宿泊先に到着。

そこを起点とし

・2泊3日の宿泊、食事付
・アマゾン川に住む民族の村訪問
・アニマルタッチング
・ナイトツアー2日間
・ピラニアフィッシング
・ピンクイルカウォッチング
・アマゾン川スイミング

を体験するツアーです。

300S≒9,790円※2泊3日ツアー(送迎、ガイド、食事代など込)

にて申し込みました。


が、

結論から言いますと、1泊2日で帰還させられ、かつナイトツアーはできずに終わりました。

◆アマゾンツアーで騙された?

騙されたという言葉は適切ではないのですが、、、

2日目の昼食前にいきなり、食べ終わったらイキトスに帰るぞガイドに言われました。

この時同じツアーにペルー人のカップル2組と僕の計5名だったのですが、

他の方全員が満足したので帰りたいと言ってるとのこと。

確かにこの2日目の昼の時点でナイトツアー以外は終了していました。

今思えば最初から1泊2日で帰るために各アクティビティの時間を短くしていたのではないかという疑念も抱いておりますが、、、

まあ一人残っても仕方ないし、船の送迎もいつでも呼べるわけでもないし、

ナイトツアーが出来ないのは残念だけど全額返金してくれるって言うのでイキトスへ戻りました。

◆ツアーオフィスでのひと悶着

気分が晴れないままオフィスに到着。


スタッフ「返金は100Sです。」


僕の心の声「あーやっぱそうなります?」


最初から全額は信じていなかったんですが、3分の1の額とは、、、

そしてスタッフの言い分を聞いていると、ツアーが短くなったのはガイドの都合とのこと。

どうやら参加者が帰りたいと言った訳では無かったようです。

確かにガイドは適当で怪しい人でした。

ガイド自身がフリーランス?、要はツアー会社専属のガイドではなく、

ツアー会社が日程や空きを考慮しその都度色んなガイドと契約しているようでした。

会った時から胡散臭いなと思っていたのですが、ろくにガイドもせず、

「次は何時から何する、だから何時集合で」などの案内もなく。

1日目のナイトツアーもあったはずなのですが、

今日は雨が降りそうだ(降っていなかったし結果降らなかった)という理由で中止になりました。

そしてオフィスに帰宅後ガイドはいつの間にかいなくなっていました。

参加者は英語が喋れないためガイドとスタッフどちらの言い分が正しいかはわかりませんが、

確かに他の参加者もツアー会社のスタッフに怒っているようでした。

その後ツアー会社から100Sの返金に加えて市内のツアーや1泊分の安宿を提供するという提案がありましたが、

これ以上ツアー会社と関わりたくなかったのでツアー代金の半額、150Sの返金で手を打ってもらいました。




人にいらいらしても滅多に怒ることはない僕ですが、

旅の中で唯一と言ってもいいほど怒ってしまった出来事でした。

それは僕が過去旅行会社で働いていたからでもあります。

ツアーの中身についての満足不満足は人それぞれなので難しいところですが、

最低限提示した旅程を遂行する責任が旅行会社にはあります。

それは国柄や生活や文化の違いに関係なく、世界各国の旅行会社に携わっている者としての責任だと思います。

それが果たせない以上は、どんどんお客さんも減ってくだろうな、、、

長くなってしまいましたので、実際のツアーの中身は後編で書きます!

スポンサーリンク