スペイン/バルセロナ動物園~喧騒から離れた憩いの地~

スポンサーリンク
【おすすめ度】★★★☆☆3
【見れた動物】ゾウ、キリン、シマウマ、ヌーなど。
【ポイント】柵が低く、ガラス張りの展示も多いため動物達は見やすい。住民の民の憩いの地となっている。
【料金】21.40€≒2,654円
【アクセス】
地下鉄Arc de Triomf駅より徒歩10分。
※2019年6月


※写真がとても少ないです、すみません。 

美食、スポーツ、歴史文化と素晴らしい、観光大国スペインのバルセロナ。

もちろんサグラダファミリア(入ってないけど)やカサ・ミラ(入ってないけど)にも行きましたよ。

本当はカンプノウでサッカーの試合見たかったんですが、ちょうどオフシーズンなのを忘れてました、、、

気を取り直して地下鉄に乗りバルセロナ凱旋門駅で下車、歩いてやってきたのはバルセロナ動物園!

◆バルセロナ動物園内の様子

1892年オープン(日本最古の上野動物園は1882年)

以前は、世界で唯一の白いゴリラ・コピート君で有名だったのですが、2003年に亡くなってしまったそうで、、、

か、かわいい
木陰で休憩

東京ドーム3個分程ある広大な敷地を持つ動物園であり、柵が低く、ガラス張りの展示も多いため動物達が見やすい環境ではあります。

子供たちにも優しい造りでした!

種類もまあまあいますし、ライオンやトラなど主要な動物もいますが、

これといった目玉のポイントは見つかりませんでした、、、(動物園なのにイルカやアシカのショーはありますが)

ただやはり都市部の動物園ということで、家族連れやカップル、幼稚園?の遠足みたいなのでとても賑わっておりました。

隣は市民の憩いの場?シウタデラ広場でもありますし、最寄駅がバルセロナ凱旋門の所であるからですかね、、、

アジア人観光客らしき姿はゼロでした。

あ、こんなところでももちろんスリには気を付けてください!

動物園とは言えここはバルセロナです。

調べると本当にたくさん被害報告があるので。

僕は100均で買った自転車のワイヤーロックを改造したものを携帯とズボンに結んだ状態で写真を撮りました。


あとかなり気になったのが園内の形。

入口が2つ(赤点)ありますが、灰色の線で囲まれた地域を一周しようとするとどうしても気持ちよく一筆書きできない形です。(下記画像参照)

園内の半分程の範囲

しかも灰色内だけでも結構広いので、、、

もう1つ灰色内の一番角に入口欲しいなと思いました。

◆バルセロナ動物園へのアクセスと料金

アクセスはすごく簡単!

地下鉄Arc de Triomf駅(バルセロナ凱旋門駅)より徒歩10分です。

入場料は21.40€≒2,654円。

ヨーロッパの動物園はだいたいこのくらいの金額です。

入場料をしっかりと取り、利益を動物達の保護や研究費用、教育活動費用に充てています。

日本の動物園が安すぎる!

パンフレットは四角でした。

◆まとめ

観光地の喧騒を離れた空間が広がっており、ゆったりとした時間が流れていました。

観光疲れした方はぜひ訪れてみてください!

ちなみにスペインにはロロパークという動物園と水族館を合体させた、

世界の動物園ランキング常連の公園があります。

本土でもなく地中海内でもなく、西アフリカ沖合のテネリフェ島というとんでもない場所にあります、、、

(サッカー日本代表の柴崎選手が所属していたチームの本拠地でもありますね)

今回は時間・費用を考慮し断念しましたが、綺麗なビーチもあるため、いつか行ってみたい場所の一つです。

スポンサーリンク